• News
  • Jobs
  • Events
  • COMET Group

タービンブレードのX線検査

鋳造技術を用いてさまざまな製品が製造されますが、その中でも最も高度な部品がタービンブレードです。 タービンコンポーネントは、構造が複雑になるほど高度な検査が要求され、最新のX線テクノロジーが使用されます。

Modern high-pressure turbine blade画像サイズを変更
Modern high-pressure turbine blade
最新の高圧タービンブレード 閉じる 戻る 次へ
最新の高圧タービンブレード
  • 鋳造プロセスでの欠陥
  • 溶接による接合部の管理
  • 材厚計測

タービンブレードとステータに求められる品質基準は非常に厳しく、 航空機業界のみならず動力設備にも適用されます。 また、軽量化と効率化に伴い、タービンブレードの設計はますます複雑になっています。

鋳造プロセスでの欠陥検出、材厚の計測、冷却孔の位置制御は、製造時にX線透視システムによって行います。

また、メンテナンスや修理時には溶接を行い、亀裂や溶接の欠陥の有無を検査します。 このような検査では、 Y.HDR-Inspectの最新デジタルX線テクノロジーが威力を発揮します。

プロトタイプの作成と抜き取り検査には、CT(コンピュータ断層検査)システムが使用されます。 材厚と鋳巣の測定、冷却孔の位置特定は、手動による検査ではCT(コンピュータ断層検査)、インラインではADR(自動欠陥検出)を使用して行います。

エクスロンは、お客様のさまざまなX線透視ニーズに対応する有償測定サービスを提供しています。 また、X線フィルムが不要なX線透過ソリューション、マイクロCTからライナックまで幅広いX線CT測定サービスも展開しています(一部、ドイツ工場にて実施することになります)。

HDRによるデジタルライブ画像
3次元CT断層検査
亀裂の検査

Digital live image using HDR3D CT tomogramCrack inspection
HDRによるデジタルライブ画像 3次元CT断層検査 亀裂の検査 閉じる 戻る 次へ