• News
  • Jobs
  • Events
  • COMET Group

リチウムイオン電池の安全性検査

リチウムイオン電池は、過充電や絶縁層の欠陥が原因で発火する危険があります。 したがって厳しい安全基準が義務付けられていますが、このような安全性試験はX線検査で行うことができます。

電池のX線画像
  • 絶縁層とヒューズの検査
  • 電池内部の溶接部の検査
  • 組み立て検査

電池では、さまざまな要因によって品質にばらつきが発生します。 リチウムイオン電池の場合、絶縁層やヒューズの欠陥が過充電の原因になり、これが破損やさらなる損傷につながる恐れがあります。 したがって、組み立てプロセスでは欠落や位置などの外観検査、さらには 溶接部の検査も行います。

エクスロンは、リチウムイオン電池向けのソリューションとして、X線透視システムX線CTシステムを提供しています。

エクスロンは、お客様のさまざまなX線透視ニーズに対応する有償測定サービスを提供しています。 また、X線フィルムが不要なX線透過ソリューション、マイクロCTからライナックまで幅広いX線CT測定サービスも展開しています(一部、ドイツ工場にて実施することになります)。