• News
  • Jobs
  • Events
  • COMET Group

岩コア解析

X線CTシステムを使用することにより、さまざまな種類の土や岩石、原油、地下水、天然ガスなどの成分の含有率や分布を観察することができます。

Analysis of a drill core using CT画像サイズを変更
Analysis of a drill core using CT
ボーリングコアのCTによる解析 閉じる 戻る 次へ
ボーリングコアのCTによる解析
  • 流れ特性のシミュレーション
  • 岩石の鉱物組成分析
  • 原油、地下水、天然ガスなどの解析
  •  

油田開発と石油掘削では、岩盤の地質と土壌物理に関して徹底的な調査が事前に実施されます。 この調査の目的は、さまざまな深度で採取した土壌サンプルの組成と特性に関する情報収集にあります。

採取したボーリングサンプルを分析することにより、各層に含まれる土や岩、原油、地下水、天然ガスなどの成分の含有率と分布が把握することができます。 この作業で威力を発揮するのがCT(コンピュータ断層検査)であり、岩盤内での原油の分布状態や噴出速度に関するデータの取得が可能です。 エクスロンが提供するCT(コンピュータ断層検査)システムでは、このような流れ特定をリアルタイムで取得し、数週間にわたって記録します。

エクスロンは、お客様のさまざまなX線透視ニーズに対応する有償測定サービスを提供しています。 また、X線フィルムが不要なX線透過ソリューション、マイクロCTからライナックまで幅広いX線CT測定サービスも展開しています(一部、ドイツ工場にて実施することになります)。