• News
  • Jobs
  • Events
  • COMET Group

Y.MU2000-D -- 抜き取り検査と連続透視検査で高品質の検査を実現  CT機能が搭載可能

Y.MU2000-Dは市場で高い実績を誇るX線透視システムであり、最新のデジタルフラットパネルディテクタFPDと.HDR-Inspect テクノロジーを搭載し、高品質・高コントラストの鮮明画像を提供しています。 今回、Y.MU2000-DにCT機能が搭載可能となりました。既存のシステムをCT機能搭載タイプにアップグレードすることも可能です。

  • 世界中で500台以上の導入実績
  • HDR(Highly dynamic radioscopy)搭載
  • 手動とプログラム設定による検査
  • ボタンひとつで簡単にCT画像を入手(新機能)
  • 既存システムのアップグレードも可能

X線管と検出器がワークとは独立して移動する非連成型マニプレータを採用することによって、検査範囲が広がり、狭いスペースでも大きな部品を検査できるようになりました。 X線管と検出器がUアームに搭載されているので、FDD(焦点-検出器間距離)を変更せずに、X線ビームの上下方向の移動とチルトが可能です。

マニプレータは手動で移動します。また、X線防護室の外からモーター駆動で移動することも可能です(オプション)。 ワークを簡単に交換できるように、大型の搬出入ドアを取り付けました。

また、ユーザーによる設定が可能なワークフロー制御およびデジタル画像処理ソフトウェアを使用することにより、ネットワーク接続にも対応します。 企業ネットワークにシステムを組み込めば、検査結果を迅速かつ簡単に共有できるようになります。

Y.HDR-Inspectテクノロジーは、デジタルHDR(Highly Dynamic Radioscopy)をベースにした検査機能であり、フラットパネル ディテクタとY.IMAGE画像処理ソフトウェアを組み合わせることによって動画での観察を可能にします。 非常に鮮明な画像による3次元構造解析が特長です(詳細については、テクノロジー – Y.HDR-Inspectを参照してください)。

Y.MU2000-Dは、CT機能を装備することにより、鋳造品の欠陥位置や面積などさらに詳細な情報を得ることが可能になります。

Y.MU2000-Dは、抜き取り検査でも連続透視検査でも同様のレベルの品質検査を実現、鉄鋼、アルミニウム、セラミック、プラスチックまたはゴムのように異なる材料の場合でも、高精度の検査結果を得ることができます。