• News
  • Jobs
  • Events
  • COMET Group

微細な構造観察を可能にするY.HDR-Inspect - デジタルX線検査の新たな可能性

Y.HDRは、欠陥の空間的な位置と3次元特性を高速かつ正確に把握できるだけでなく、さまざまな厚さの材料の欠陥検出をX線パラメータを調整せずに実行できます。

X-ray image of a wheel using HDR画像サイズを変更
X-ray image of a wheel using HDR
HDRによるホイールのX線画像 閉じる 戻る 次へ
HDRによるホイールのX線画像
  • ライブ画像を使った高精度の欠陥検出
  • X線パラメータの再設定が不要、欠陥を簡単に表示
  • 高コントラスト画像で検査精度が向上

新しいソリューションであるY.HDR-Inspectでは、HDR(High Dynamic Radioscopy)が採用されています。 従来のイメージ インテンシファイアと比較すると、画質が大幅に向上し、微細な構造も検出できます。 Y.HDR-Inspectは、デジタル フラットパネル ディテクターとY.IMAGE2500-D/3500ソフトウェアを組み合わせたソリューションです。 ビジュアルによるX線検査に動きを加えたこのソリューションには、次のような特長があります。

  • 高速
Tハレーションがなく、コリメータによるマスキングを行う必要がありません。材料の厚さが大幅に異なる場合でもX線パラメータの再設定が不要なので、調整にかかる時間を短縮できます。

  • 欠陥を確実に把握
ガラスのようにクリアな画像表示により、これまでよりも欠陥を的確に把握できます。

  • 検査精度が向上
画像のコントラストが高いので、イメージ インテンシファイアよりも小さな欠陥を検出できます。