• News
  • Jobs
  • Events
  • COMET Group

CT(コンピュータ断層検査)

CT(コンピュータ断層検査)は、ワークの内部構造を3次元画像で表します。 これにより、ピンホールや内部欠陥、内部構造および材厚の高精度分析、幾何公差の取得、実際のデータと想定データの比較、STLデータの抽出を実行できます。

  • 初期プロトタイプを短時間で作成
  • 計測: 幾何学的な寸法および位置の公差
  • リバース エンジニアリング: 内部構造と外部構造を1つのデータセットで提供
  • 3次元コンポーネント分析レポート
  • Y.Inline CTを使用することで100%の確実性を実現


CTはワーク3次元で表現できるので、X線透視法よりも高精度の解析が可能です。 また、精度が高いだけではなく、製造プロセスに役立つデータを提供できるという点もCTの特長です。 CTのデータを活用することで、製造プロセス(初期プロトタイプの作成など)を短縮したり、迅速に修正を行えるようになるので不合格品の数を低く抑えることができます。

CTは、インライン検査から、汎用CT検査、各種計測、高分解能CT(マイクロエレクトロニクスなど)まで、非常に幅広い分野で活用されています。

ただし、このようにさまざまなタスク向けに最適化したCTシステムを提供するには、幅広いポートフォリオとCTテクノロジーに関する深い知識が必要になります。 これこそが、エクスロンがマイクロフォーカスX線装置ラインセンサー画層解析・処理及び自動判定関連ソフトウェアを自社またはパートナー各社との協力体制で設計および開発している理由です。

エクスロンのX線透視システムCT(コンピュータ断層検査)システムには、このような最先端テクノロジーが搭載されています。

また、エクスロンのアプリケーションセンターでは、マイクロCTからライナックCTまで、各種CTスキャンサービスを提供しています。

鋳造部品のCT、CAD、STLデータ
孔の解析
材厚分析

CT, CAD, STL data of a cast partPorosities Wall thickness analysis
鋳造部品のCT、CAD、STLデータ 孔の解析 材厚分析 閉じる 戻る 次へ