• News
  • Jobs
  • Events
  • COMET Group

Y.HDR-Inspect – HDRを使用したデジタルX線透視検査

エクスロンが独自開発したデジタル検出器HDR(Highly Dynamic Radioscopy)は、過去2年の間にX線透視検査に革命的な変化をもたらしました。 このテクノロジーは、材料に薄い部分と厚い部分がある場合でも鮮明な動画で詳細に観察できるだけでなく、X線パラメータの調整が不要です。

Radioscopic image using Y.HDR-Inspect画像サイズを変更
Radioscopic image using Y.HDR-Inspect
Y.HDR-Inspectによる透視画像 閉じる 戻る 次へ
Y.HDR-Inspectによる透視画像
  • より確実かつ迅速に欠陥を検出
  • 生産性と検査精度を向上
  • X線検査が簡単に
  • ハレーションが少ない画像

HDR(Highly Dynamic Radioscopy)とは、深さ分解能に対する検出器のダイナミックレンジが高いのと同時に、画像のリフレッシュ速度に対するダイナミックレンジが高いことを意味します。 X線透視の動きを伴う検査で有効な結果を得るためには、リフレッシュ速度を高くする必要があります。

HDRを実現するためには、高レベルのダイナミックレンジを表示できる低ノイズの高速検出器に、検出器向けに最適化された画像処理ソフトウェアと高速フィルター アルゴリズムを組み合わせる必要があります。

線量が同じにも関わらずピクセルのグレースケール値が異なる場合には高い線量でも構造的ノイズが発生しますが、このノイズは、マルチゲイン補正と非線形検出器のピクセル補正によって回避できます。

1秒あたり30画像を滑らかに再生するためには、複雑なピクセル補正とバンドパスフィルタのようなアルゴリズムのいずれについても、ソフトウェアコード内で非常に効率的な変換を実行する必要があります。

このような設計の最適化により、フィルタリング効果が欠陥部位に対してきめ細かく適用されています。


このテクノロジーは、エクスロンのX線透視システムであるY.MU2000-DY.Multiplexに搭載されています。

Y.HDR-Inspect increases the visibility of wire penetrameters during weld inspection
Y.HDR-Inspectでは、溶接部の検査で使用する針金型透過度計をはっきり観察できる