2007年~2010年

2009年
  • ハンブルグに新たな生産拠点を展開
  • Y.HDR-Inspect画像処理システム(HDR:High Dynamic Radioscopy)の販売を開始
  • ガルプセン支店を閉鎖し、ハンブルグ(ドイツ)に業務部門を統合
  • 開放管式マイクロフォーカスX線管の開発/生産拠点をフラマット(スイス)からハンブルグへと移転
  • COMET X線モジュールの生産拠点をフラマットに統合

2008年
  • Variofocus X線管の販売を開始

2007年
  • FeinFocus社(ドイツのガルプセン)とマイクロフォーカスX線検査製品シリーズを合併
  • エクスロン・インターナショナルがCOMET Holding AGのグループ企業に