航空宇宙

航空宇宙分野の検査に最適なソリューション

エクスロンが提供する工業用X線(DR)システムとコンピュータ断層検査(CT)システムは、航空宇宙/防衛業界の標準規格に準じた設計を採用することで、航空機のパーツ/素材の非破壊検査時に優れた安全性と信頼性を発揮します。
航空機のタービンブレードには、非常に厳しい品質基準が適用されます。また、効率性を最大限に引き出すために、非常に複雑な構造をしています。タービンブレードの製造工程では、次のようなX線検査が重要な役割を果たしています。
 
  • 亀裂、混入物、腐食の検出
  • 材厚の測定、冷却孔の位置確認
  • 不具合の回避を目的にしたワックス/セラミック鋳型の検査

エクスロンの工業用X線透視システムとコンピュータ断層検査(CT)システムでは、検査の品質と再現性を確保するために、オペレータをサポートする機能が搭載されています。Y.HDR-Inspectは、ライブ画像の品質を向上し、安全性確保とスピードアップを図ります。

タービンブレードのメンテナンスと修理では、溶接を行った後、亀裂や溶接の欠陥がないか検査します。

プロトタイプの作成と抜き取り検査では、CT(コンピュータ断層検査)システムが本領を発揮します。材厚と鋳巣の測定、冷却孔の位置識別をする為に、手動による検査ではCT(コンピュータ断層検査)、インラインではADR(自動欠陥検出)を使用します。