自動車

自動車産業で欠かせない役割を果たすX線

エクスロンが提供する工業用X線透視(DR)システムとコンピュータ断層検査(CT)システムは、自動車産業の品質保証/開発プロセスで幅広く採用されています。構造要件や安全基準に沿った部品の検査と品質保証には、X線が使用されます。

エクスロンの工業用X線透視システムとCT検査システムは、タイヤ、合成ゴム、合成ゴム部品の欠陥検出に使用されています。優れた信頼性を備えるエクスロンのシステムは、製造の最終工程で、強化素材の欠陥、異物混入、気泡を確実に検出します。また、収集されたタイヤデータを活用し、製造プロセスの監視や最適化を図ることもできます。エクスロンのCT検査システムは、タイヤの非破壊検査に関する研究開発や原因分析でも使用されます。 

YXLON MTISは、製造ラインに直接組み込むことができるソリューションです。ラジアルタイヤ、バスのタイヤ、乗用車のタイヤの検査はもちろん、ワイヤロープの異常(位置、間隔、破損)を検出します。

  • ベルトプライの欠陥やワイヤの欠落
  • 気泡の混入
  • 強化プライのズレや歪み
  • 異物混入

TireAXISは、デジタル方式でタイヤの欠陥検査を自動化するソフトウェアです。詳細な構造データがタイヤごとに収集されるので、これを統計処理することにより、製造プロセスの管理や最適化に役立てることができます。タイヤやホイールを1つずつ手動で検査することも可能であり、ホイールに装着されたタイヤビードの位置を接線画像で確認できます。

エクスロンのCTタイヤX線CTシステムは、タイヤのみ、またはタイヤ付きホイールのCT(コンピュータ断層検査)3次元画像を取得します。この画像から、タイヤ構造コンポーネントの3次元幾何学的測定を実行できます。このシステムは、新型タイヤのプロトタイプ設計の検証や原因解析といった研究開発で広く採用されています。