CT画像計測

先進的なエクスロンのCT計測システム

エクスロンのコンピュータ断層検査(CT)システムは、高精度の測定データをベースに正確な表面識別と信頼性の高い測定結果をだし、長期的に安定した性能を保つ為、生産性の向上にもつながります。

エクスロンのCT計測システムとは

イメージングチェーンを最適化したエクスロンのCT計測システムは、複雑な内部構造を持つ試料の非破壊計測を、光学式/触覚式では達成できない優れた精度で行います。エクスロンのCT計測システムには、次のような特徴があります。
 
  • 温度制御/調整ユニット
  • X線管の固定焦点(水冷式)
  • Heidenhainエンコーダによる正確な位置決め
  • 画質の最適化(キャリブレーションの機能強化)
  • サブボクセル精度での表面識別

エクスロンのCT計測システムでは、実画像と正常画像の比較、幾何公差(GD&T)の測定が可能です。

自動車の製造プロセスでは、射出成型が用いられます。このプロセスにおいて、エクスロンが提供する非破壊式の内部構造測定には、次のようなメリットがあります。

  • ワークフローを短期間に確立
  • 時間とコストの節約
  • 欠陥の分析
  • 実画像と正常画像の比較
  • GD&T - 寸法測定

成形部品のCTスキャンでは、工具の補正を目的にリバースエンジニアリングを行う際、表面を非常に正確に識別できるため、包括的なニーズへの対応が可能です。

CT画像計測のカタログをダウンロード