鋳造部品

大量生産される鋳造部品の検査

エクスロンの工業用X線透視システムとCT検査システムは、大量生産される鋳造部品で発生しがちな鋳巣、ふくれ、熱クラック、歪み、異物混入などの欠陥を検出します。
鉄、アルミニウム、マグネシウム、亜鉛などの材料を使用する鋳造手法では、鋳巣、ふくれ、熱クラック、歪み、異物混入などの欠陥が発生します。

X線検査システムは、次のような機能を備えています。
 
  • 鋳巣と孔の検証
  • 内部構造の幾何学的計測
  • 材厚分析

エクスロンの工業用X線透視システムは、独自の検査ソフトウェアを搭載しています。大量の部品を迅速かつ高精度で検査できるだけでなく、欠陥のある鋳造部品を早い段階で製造プロセスから除外することを可能にします。また、検出された欠陥のタイプから鋳造部品の品質を検討できるので、プロセス改善による生産性向上にも貢献します。
 
エクスロンの工業用CT(コンピュータ断層検査)も、重要な情報を提供します。複雑な部品の内部構造や板厚を正確に特定できるCT画像の情報は、特にプロトタイプなどの品質検査には不可欠です。
 
また、安全性に関わる部品では、鋳造プロセスや加工後に板厚を測定することが重要であり、測定データから材料の安定性と熱伝導性を評価できます。このように、エクスロンのCT検査システムで取得された断層画像は、さまざまな分析で活用できます。