その他のアプリケーション

あらゆる検査タスクに最適なソリューションを提供

エクスロンの工業用X線透視システムは、鋳造、3D印刷、多成分材料など、幅広い物質や部品の検査ニーズにも柔軟に対応します。

AM(付加製造)とは、層やユニットを接合する加工法を指します(VDI 3405)。従来の方法で製造された部品に比べて、AM部品は軽量で多機能です。ところが、構造的な欠陥(孔、空洞、亀裂)や幾何配置的なばらつき(薄い板厚)など、従来の製法と同じ欠陥が発生します。

現在、ASTM、ISO、NPL、BAM、VDIなどの組織が、AM部品の非破壊検査に関するガイドライン策定に取り組んでいます。今後、AM部品の製造プロセスに新たな法規制や標準が適用された場合も、最先端機能を備えるエクスロンのX線透視システムとCT検査システムならば、確実に要件を満たすことができます。

AM部品に関する重要なデータ収集に最もよく使用されるのが、コンピュータ断層検査(CT)です。エクスロンのCTシステムならば、内部構造を示す高精度3D画像と測定値を低コストで取得でき、しかも部品を破壊する必要がありません。

3D印刷を使ったプロトタイプの作成でも、CT画像は威力を発揮します。CADモデルとの比較や、幾何学的構造と製造プロセスに存在する制限分析においても、CT画像の優位性は明らかです。工業用計測法に基づいて小型部品や内部構造を正確に測定したい場合にも、CTは理想的なソリューションです。

将来的に表れるであろう法規制に準拠するには、アプリケーションライフサイクルをさらに明確に管理する機能が必要です。特に、航空宇宙、自動車、医療機器など、製品の欠陥が製品の信頼性やエンドユーザーの健康状態に影響を及ぼす製品については、厳格な管理が必要です。

エクスロンが提供するX線透視システム/CT検査システムの幅広い製品ポートフォリオは、将来のニーズにも対応できる優れた機能を備えているので、AM部品の品質を最大限に高めます。また、世界トップクラスのサービスサポートにより、お客様のビジネスの成長を支えます。