変革がもたらす新たなる進化

電子機器の小型化による高密度化と複雑化を背景に、製造現場では非常に高精度な画像を処理できる高機能ソフトウェアへのニーズが高まっています。
このような製造プロセスの進化に不可欠な次世代のステップとは、検査の自動化と包括的なデータ解析です。

新型Cheetah EVO とCougar EVO は、Industry 4.0の要件を満たしたスマート設計を採用し、検査品質と効率を追求したX線透視装置です。
 
このWebサイトでは、エレクトロニクスマーケットに進化をもたらし、現在はもちろん将来のニーズにも対応する検査装置をご紹介します。


YXLON Cougar EVOとCheetah EVO – 進化したCT(コンピュータ断層検査)と自動検査
 
  • トップレベルの高感度・高階調を誇る大型フラットパネルディテクタ
  • micro3D(斜めCT)スライスがクラス最高の断層撮影を実現
  • エクスロンオリジナルソフトウェアFFCTの標準化と優れた表示機能
  • X線被ばくにセンシティブな部品にも対応できる線量モード
  • 20 kgまでの最大サンプル荷重に対応(Cheetah EVO)
  • 生産ラインへのプロセス統合と自動化