進化した検出器YXLON ORYX1616

電子部品の中で半導体デバイスは電子システムにおいて大多数を占めています。
それらの高密度・高微細化のためにX 線検査においては低電力と低電圧で最大のイメージ解像度を必要とします。

進化したX線検出器によるスピーディーな検査
 
  • 新型バージョン(1280 x 1280ピクセル)はこれまで搭載されていたモデルと比較して50%大きい視野を得られます。
     
  • 画像表示までの自動化されたプロセスのステップが一部削減されたことにより作業プロセスが高速化されます。
4枚のLED基板における1ステップの合否判定
24時間稼働可能な長期安定性と、低X線線量での高画質なイメージ
 
  • 24時間稼働可能で、高速かつ長期安定性を保持するためにオプティマイズされた各種パーツ(電子機器)
  • 耐放射線対応の長寿命型フラットパネル
     
  • 優れたコントラスト対ノイズ比
     
  • 高感度により、低線量設定での利用が可能
     
  • 他の検出器と比較して低いkVと電力を使用することが可能となり、X線被ばくにセンシティブなコンポーネントへのダメージを、画質を落とさず最小限に抑えます
     
  • オプションの線量低減キットを使用すると、X線被ばくにセンシティブなコンポーネントへの線量率をさらに低減できます