金属積層造形におけるCTの予測モデルベースの品質向上

金属積層造形は、最も要求の厳しいアプリケーションの重要な最終用途部品の製造技術として成長を続けていますが、X線コンピュータ断層撮影(CT)は比類のない非破壊検査ツールであり続けています。

Metal AM誌の秋号に掲載されたばかりのこの記事では、エクスロンのNathan SerafinoとDirk Steinerは、積層造形の研究・製造会社で防衛関連の請負業者であり、「ファスト・ファクトリー」でもあるMaterials Resources LLCが、この技術を使用して予測モデルベースの認定プロセスの改善と工程ラインの監査の校正を行い、さらに一歩進んだ取り組みを行っていることを報告しています。
 


MRLの創設者であるアイマン・サレム博士と一緒に写っているのは
高分解能CTシステム「エクスロンFF35CT」です。
積層造形材料の非破壊検査に使用されています。

Source: Metal AM Autumn issue
 

If you would like to read the full article, please click here.
If you would like to read Metal AM magazine Autumn issue online, please click here.
If you would like to download Metal AM magazine Autumn issue, please click here.




Media Relations
Gina Naujokat
Marketing Communications
T +49 40 52729 404
gina.naujokat@hbg.yxlon.com