フィルムからデジタルX線検査へ転換するには今が最適な理由

2021年3月、Aerospace Testing Internationalに掲載されました。

コロナウイルスの世界的な大流行により、多くの産業が大きな打撃を受けましたが、その中でも最も大きな影響を受けたのが航空宇宙産業です。航空旅行の急激な減少は、新しい航空機の販売や交換部品からの収益に影響を与えました。また、パンデミックにより、多くの航空宇宙企業は、人員削減を含むコスト削減に注力せざるを得なくなりました。これらの削減は、ビジネスが回復したときに活動を容易に拡大できるよう、自動化の改善と合わせて実施されています。
パンデミックによりコスト削減や人員削減を余儀なくされている企業にとって、旧来のフィルム技術から産業用デジタルX線透視システムに転換することで得られる財務的・経済的メリットを活用する好機といえます。両技術を比較検討することで、特定の事例における投資収益率(ROI)が価値あるものかどうかを判断することができます。
 


北米のエクスロン支社のダーク・スタイナーが、PCC Structurals社のタイラー・デシェーンに、移行がどのように行われるか、航空宇宙産業のメーカーにとってどのようなメリットがあるか、ROIを計算する際に考慮すべきことを説明しています。
 
詳細はこちら
Click here to read the full article.



Media Relations
Gina Naujokat
Marketing Communications
T +49 40 52729 404
gina.naujokat@hbg.yxlon.com