サイズ、安全性、ソフトウェア:電子機器の非破壊検査におけるイノベーションの推進



自動車産業の未来は、持続可能性と急速に変化するイノベーションに左右されます。先進的なテクノロジーソリューションの利用可能性と採用が、市場の基本的なトレンドの大部分を牽引しています。電気自動車、コネクテッドカー(常時インターネットに接続され、ICT端末あるいはIoT端末として機能する乗用車)、モビリティフリートシェアリング(社用車の共有)、安全のための車載センサー、常時接続の需要には、新しい生産技術だけでなく、信頼性の高い検査方法も必要です。
 
今日の自動車には、すべてをあるべき姿に保つために、60から150ものセンサーが搭載されている可能性があります。自動車メーカーが製造する車両にスマートドライブや自動運転技術を採用し続ける一方で、センサーの総数だけでなく、その高度化も進んでいます。これらのセンサーは、その中の電子部品や電気機械部品を含めて、性能特性、車内温度、前方衝突警告のドライバー警報、自動ブレーキ、セルフパーキングなど、あらゆるものを制御しています。
 
この急速な高度化により、電子・電気機械部品は数が増えるだけでなく、バリエーションも増えてきています。サイズ、設計の複雑さ、重量が異なるため、各センサーはユニークな検査課題となっています。自動車のように生死を分ける産業では、部品の安全性と信頼性を確保するために、一つひとつが故障解析に合格する必要があります。
 
そのため、最高の品質と信頼性を実現するために、最適な検査技術を特定することが非常に重要です。その最良の方法の一つが、CT(コンピュータ断層検査)を用いた非破壊検査(NDT)です。2020年、自動車業界は新たな革新の10年を迎え、この年はパンデミックによる困難に見舞われましたが、何とか持ちこたえることができました。また、自動車メーカーが電動化とコネクティビティに向けた新たな道を歩むために、危機から脱出するための減速と再ポジショニングの機会にもなりました。

安全性、エネルギー効率、購入者の期待、法的規制の遵守などが主な焦点となります。この記事では、これらすべての分野で成長を可能にする品質レベルを満たし、それを超えるために、より速く、より正確な結果を得るための新しいX線とCTツールの活用に焦点を当て、NDT検査が成功への鍵であることを説明します。

この記事の全文は、Quality Magazineでご覧いただけます。


Media relations
Gina Naujokat
gina.naujokat@hbg.yxlon.com