CTによる生体標本調査

2017年9月:スイス上場企業コメットグループの一員であるYXLONはカリフォルニア科学アカデミーと共同調査に乗り出す事になりました。7月下旬YXLONは最新のCT装置をカリフォルニア科学アカデミーへ貸し出しました。YXLON FF20は様々な微生物や生体標本内に隠された興味深い発見をサポートする為、2018年1月31日までアカデミーで使用されます。
CTの非破壊技術は無数の工業的、生物学的、歴史的サンプルや文化遺物を3D画像として映し出す事を可能にます。FF20はコンパクトサイズの工業用CT装置で、アカデミーに保管されている46百万体の標本が自然界にてどの様に機能し、どの様な相互関係にあるのかを解き明かす重要な情報を科学者達に提供する手助けをします。

カリフォルニア科学アカデミープロジェクト研究室でのトレーニングワークショップにて
YXLON FF20 CT systemの操作についての説明風景
 
アカデミーは既にFF20CTを使用して様々な生体標本の驚くべき画像を何枚も撮影し、私達の周りの自然界を探求しています。


これらはカリフォルニア等アメリカ西部に生息するNebria eschscholtziと言う甲虫のCT画像です。科学者達はこれらの画像を見ながら、昆虫の内臓がどの様に機能するかを様々な角度から研究しています。赤で映し出されている部分は腎臓です。
 

これらは若いカリフォルニアアシカの歯のCT画像です。左の写真の赤で塗りつぶされた部分は歯のエナメル質です。右は歯の断面図です。
 
YXLONの貢献により、カリフォルニア科学アカデミーが私達の世界やそこに生息する生物に関する更なる発見する事で、私たちのパートナーシップは将来益々明るいものとなっていくでしょう。

YXLON2017105日午後6時よりSharktoberfestにて開催されるナイトライフイベントにも参加する予定です。

 
Contact:
Dirk Steiner
Business Development Manager
Mobile +1 770 289 7708
dirk.steiner@yxlon.com


Media relations:
Gina Naujokat
Marketing Communications
T.: +49 40/52729-404
gina.naujokat@hbg.yxlon.com 
 

カリフォルニア科学アカデミーとは

 

カリフォルニア科学アカデミーはカリフォルニア州サンフランシスコにあり、4500万体を超す標本を保有する世界最大級の自然史博物館です。この施設は水族館、プラネタリウム、博物館から成り、地球上生命の存続の為に探究、研究を行っています。