YXLONのフンボルト博物館への協力が決定

X線マイクロCTでティラノサウルス:トリスタンを解析

新たに締結された協力協定の一環として、エクスロン・インターナショナル(以下YXLON) はフンボルト博物館 (ベルリンにあるドイツ最大の自然史博物館) に高解像度X線CT装置:YXLON FF35 CTを提供する事を決定しました。この装置を設置する為に歴史的建造物である博物館の窓を拡張しなければなりませんでした。FF35CTはかの有名なティラノサウルスの標本:トリスタンの部屋の後ろ側に隣接する電子顕微鏡ホールにて7月末までに稼働予定となっています。トリスタンはヨーロッパに2体存在する本物のティラノサウルスの骨格標本の最初の1体です。訪問者ギャラリーでは、哺乳類の頭蓋骨や骨格、化石の保存に大変適した岩石層から採取された化石標本、鉱物粒子を含む採掘された検体、昆虫標本、爬虫類と両生類の比較を見る機会を得るだけでなく、これらの標本がどのようにCT解析されるかを見る事が出来ます。
博物館の進化、古生物学、古生態学分野などの科学的研究分野のみならず、世界中の研究機関で保管されている数十億もの標本のデジタル化と言う観点から見ても非破壊断層撮影技術の需要は益々高まっています。標本をデジタル化する事で、標本の取扱いに最新の注意を払う事なく、貴重な研究標本を詳細に調べる事が出来ます。またこれらがデジタル化される事で、世界中の科学者が利用できるようになります。更に研究者間で交流が行われる事により、新しく革新的な研究が可能となるばかりか、将来的な保存・保管に対する対応策が講じられる事も可能になります。フンボルト博物館は長年に渡りこの技術を適用しており、深い洞察を得てはいるものの、X線CT使用を伴う事に関しては未知数の領域となっています。

最良の再構成と視覚化のために高分解能は不可欠です。FF35CT装置は225 kV のマイクロフォーカス管と190 kV のナノフォーカス管を備えたデュアルチューブ技術により、YXLON 独自のフラットディテクタと組み合わせる事で150 nm レベルまでの詳細な高分解能を提供します。Helix と Dual-Helix CT を使用すると、高さ 50 cm、直径 30 cm の大きな物体でも高解像度でスキャンする事が出来ます。臓器、筋肉および脂肪細胞のような低コントラストの軟組織における構造分析時にはコントラストをはっきりと出せない場合がありますが、フンボルト博物館の主な役割は造影剤を使用してプロセスを最適化し、結果を出す事です。またCT装置とソフトウェアの技術的改善に貢献する事でエクスロンを支援しています。準備段階で生じる金属人工物 (例えば、昆虫標本で使用されているピン等) の取扱いは、生命科学分野でCT技術を最適化させると言う共通のゴールとして、YXLONと博物館が協力して取り組むべき課題の1つです。一方でCT技術が生物標本をデジタルアーカイブ化する際の必須条件であることに間違いはありません。
 
フンボルト博物館 (The Museum für Naturkunde Berlin) とは
フンボルト博物館は世界的ネットワークを持つ研究機関であるライプニッツ協会の優れた総合研究博物館です。フンボルト博物館は所蔵品研究、所蔵品の状態改善および開発(デジタル化など)、研究に基づいた情報公開と教育活動などの密接に関連した3つの分野にて活動をしています。3,000万件を超える展示品を所有し、動物学、古生物学、地質学、鉱物学の分野において世界でも最大級のコレクションを誇る博物館の一つです。 詳しくはHPをご覧ください。: www.museumfuernaturkunde.berlin/en


Media Relations
Gina Naujokat
Marketing Communication Manager
T +49 40 52729 404
gina.naujokat@hbg.yxlon.com