フンボルト博物館にてライブCTスキャン

ベルリン/ハンブルグ:2018年10月4日水曜日、待ちに待った瞬間が訪れました。フンボルト博物館 (ベルリンにあるドイツ最大の自然史博物館) は顕微鏡でしか見る事の出来ないミクロの世界への扉を開けました。午後1時から午後4時までの間、YXLONのコンピューター断層撮影技術により、博物館で保管されているコレクションを3次元で捉え、研究解析する機会を得ました。また科学者たちとの対話の機会を設ける事で、科学と社会の橋渡しを試みました。
フンボルト博物館とX線メーカーのエクスロン・インターナショナル(以下YXLON) とのコラボが実現しました。少なくとも向こう9か月間、YXLONは博物館に様々な研究プロジェクトで貢献できるよう高解像度CT装置:FF35の貸与を決めました。FF35は検体を破壊または損傷させる事無く、最小の構造物でさえ詳細な3次元画像で捉える事の出来るコンピューター断層撮影装置です。FF35は大きな検体、例えば完全な動物の頭蓋骨などの撮影も可能です。

このようにCT技術は研究分野に全く新しい可能性をもたらします。さらに、希少で貴重な発見は迅速かつ容易にデジタルアーカイブ化され、世界中の人々に公開されます。またフンボルト博物館の科学者たちはこの装置を使った経験をYXLONと共有する事で、今後の生物学研究分野にあったCT装置の技術開発に貢献します。

ライプニッツ協会 (Leibniz Association) の研究機関として、フンボルト博物館は動物学、古生物学、地質学および鉱物学に関する3,000万件以上の資料を保持しています。これらは貴重な文化財であり、科学的、歴史的また国際的にも大変重要な研究対象となります。

YXLON FF35 CT を使用する際に、まずテスト段階として、フンボルト博物館の文化財コレクションの中から次の5つに焦点を当てていく予定です。: (1) 哺乳類の頭蓋骨と骨格; (2) 化石保存に適した岩石層から採掘された化石; (3) 鉱物粒子を含む採掘検体; (4) 爬虫類と両生類の比較; (5) 昆虫標本.
 
フンボルト博物館のYouTubeビデオもご覧下さい。:
https://www.youtube.com/watch?v=HQsBdpKB52o&trk=organization-update-content_share-video-embed_share-article_title



Media Relations
Gina Naujokat
Marketing Communication Manager
T +49 40 52729 404
gina.naujokat@hbg.yxlon.com