グローバル技術賞をダブル受賞

2018年10月18日、ドイツ、ハンブルク:スイスの上場企業コメットグループの一員であるエクスロン・インターナショナル (以下YXLON) は計量検査分野においてCheetah EVO PLUS X線検査装置とFF35 CT 計測装置でそれぞれ名誉あるGlobal Technology Awardを受賞したことを発表しました。 この賞はSMTAインターナショナルで行われた式典中に贈呈されました。
Cheetah EVO のX線検査ソリューションは、『最短時間で最高の画像を取得する』と言う単純な目標を元に作られました。 Cheetah EVO はYXLON の革新的機能である、ファインフォーカスX線管、高出力ターゲット、精密な較正を可能にする長寿命のフラットパネル検出器、使い易いソフトウェア、最新鋭の操作システムを搭載しています。この装置は非常に高い解像度で画像生成を行い、各実験室固有の課題克服を容易にします。
 
スライシング技術 (Micro3DSlice) を使用する事で、より広範囲の非破壊検査が可能となる上、従来のCTやマイクロセクション使用時のようにサンプルが壊されることも無い為、大幅なコスト削減が達成されます。更に、これらのスライス画像は2D画像同様に信頼性解析また故障解析の鍵であるインターフェース上のボイドをくっきりと示し、簡単かつ迅速に自動解析されます。
 
Cheetah EVO シリーズでは、広範囲に自動化した事による数々の利点を含め、卓越したイメージング、シンプルでユーザーフレンドリーな操作方法、視覚的に分かり易いFGUI ( FeinFocus Graphical User Interface ) ソフトウェアなどに期待をして下さい。ワン・クリック・ソリューションは手動検査を容易にし、Live SMART Filters は完璧な画像を保証します。
 
The FF35 CT メトロロジーもまた、最適化されたイメージングチェーンによって複雑さが増した内部構造の正確な非破壊計測を可能にするなど、別次元での計測を可能にした市場をリードするX線措置です。 FF35 CT 計測装置は温度制御と補正、水冷却による安定した焦点スポット、Heidenhain エンコーダーによる正確なサンプル位置決め機能を搭載しています。これにより、オペレーターは前例のない測定精度と再現性を実現します。
 
YXLON FF35 CT メトロロジーを使用する事で、この業界ではあまり見る事のない幾何学的寸法公差 (GD&T)や非常に小さな部分などの実際比較から仮想比較までを行うことが出来ます。この装置はまた、サブミクロンレベルまで見る事の出来る小さなサンプルから鋳造部品等の中サイズのサンプルに対して、つなぎ目の無い画像を生成する事が可能です。
 
2005年に始まった Global Technology Awards プログラムは、エレクトロニクス表面実装アセンブリにおいて卓越した製品を毎年表彰しています。技術界において最上の手本となる一流の製品は選りすぐられた専門家集団によって選考されています。



Media Relations
Gina Naujokat
Marketing Communication Manager
T +49 40 52729 404
gina.naujokat@hbg.yxlon.com