製品

エクスロンが提供するX線透視検査(DR)装置とコンピューター断層検査(CT)装置は、最先端テクノロジーと幅広い製品ポートフォリオであらゆる業界の検査ニーズに対応します。エクスロンは、航空宇宙、自動車、エレクトロニクス、計測など、さまざまなアプリケーションに特化したシステムを開発しています。また、ミクロン単位の微細部品からメートル単位の大型構造物まで、多様なサイズの検査に対応できる装置を展開しています。

厳しい基準で設計/製造されたエクスロンのX線検査装置は故障解析や非破壊解析だけでなく、大量の部品を検査する過酷な環境でも優れた耐久性を発揮します。エクスロンのX線検査装置はASTMやDICONDEをはじめとする業界標準に準拠しています。
エクスロンは、さまざまなタイプの工業用X線透視検査(DR)装置とコンピューター断層撮影検査(CT)装置を提供しています。[製品検索]から、お客様のニーズに最適な製品を検索し、製品の詳細情報をご覧ください。
エクスロンの歴史は、1895年のレントゲン博士によるX線の発見と、1896年のカール・ハインリヒ・フロレンツ・ミューラーによるX線管の開発にさかのぼります。現在、エクスロンは自社工場とグローバルなサービスネットワークを展開し、世界中に製品を提供しています。世界8箇所の事業拠点とグローバルなセールスネットワークで、お客様の検査ニーズに的確に対応します。詳しくはこちらにお問い合わせください。