YXLON Cheetah

PCBAと半導体に適したマイクロフォーカス/ナノフォーカスX線透視システム

YXLON Cheetahは、プリント基板(PCBA)や半導体の検査で優れた性能と効率を誇るマイクロフォーカス/ナノフォーカスX線透視システムです。トップレベルの解像度を誇る2D/3D画像を取得できます。
  • 抜群の品質の2D/3D画像を短時間で生成
  • 先進機能を使った検査を簡単な手順で実行
  • 高度な操作をワンクリックで実行
  • クラス最高のDRテクノロジー
  • 工業用コンピュータ断層(CT)システム向けのアップグレードオプションを提供

システムの機能


益々複雑になる電気/電子部品の検査には、これまでにない高いレベルの品質が求められます。この課題をCheetahマイクロフォーカス/ナノフォーカスX線透視システムが解決します。Cheetahは非常に短い時間で抜群の品質の画像を生成する機能を備えています。

Cheetahは、PCBAと半導体の検査に最適です。

  • プリント基板
  • 電気/電子モジュール
  • 電子機械コンポーネントとプラグ
  • 半導体パッケージとインターポーザー基板
  • センサー
  • MEMSとMOEMS

Cheetahには、FeinFocus X線管テクノロジー、高出力ターゲットテクノロジー、精密なキャリブレーションと長寿命を特徴とするプラットパネルディテクター、クッションベアリング搭載マニプレーターなど、エクスロンのイノベーションが結集されています。各種試料テーブルを用意することで、非常に高い解像度の2D/3D画像生成を可能にします。

Cheetahの特長は優れた画質だけではありません。シンプルで使いやすいコントロール、YXLON FGUI(FeinFocusグラフィックユーザーインタフェース)ソフトウェア、さらに操作の自動化にも対応します。手動の検査プロセスをワンクリックで実行できるだけでなく、ティーチインモードで手順をプログラムすれば、操作のスピードアップに加えて、検査結果の再現性と信頼性を高めることができます。

Cheetahでは、アップグレードオプションとしてマイクロCTモジュールが付随します。アップグレードによって工業レベルの品質保証を実現でき、3Dの仮想断面像や層による詳細な検査も可能になります。操作性に優れたYXLON QuickScanモジュールは、3D画像と仮想スライスを1分足らずで生成する事が可能です。

製品仕様

サンプル寸法(L/W/H) 800 mm x 500 mm(31 x 19インチ)
システム寸法(W/D/H) 1650 x 1400 x 1850 mm
最大X線管出力  64 W
FeinFocus X線管 FXE 160 kV
最初の画像取得にかかる時間 最長10秒
µCTスキャン時間 最長7秒
最大倍率 2,000倍
画像の安定化 エアサスペンション

お問い合わせ

Trokut Test d.o.o.NDTAv. V. Holjevca 20ZagrebCroatiaMr. Himzo MusemićWebsitehimzo.musemic@trokuttest.com+385 1 7789848
YXLON International GmbHElectronicsEssener Bogen 1522419 HamburgGermanyMr. Fabian Eickefabian.eicke@hbg.yxlon.com+49 40 52729139