YXLON Cheetah EVO シリーズ

アセンブリ/ラボ検査で優れた拡張性発揮:最高のX線検査装置

YXLON Cheetah EVOシリーズは、SMT、半導体、ラボのアセンブリアプリケーションに最適な「最高クラス」の検査ソリューションです。ソフトウェアとハードウェアの最適化により、現在販売されているどの装置よりも高品質の検査画像を安定して生成します。

  • 抜群の品質の2D/3D画像を短時間で生成 
  • 先進機能を使った検査を簡単な手順で実行
  • 高度な操作をワンクリックで実行
  • クラス最高のDRテクノロジー

妥協のない検査装置

アプリケーションに最適な装置をお選びください。

Cheetah EVOは、「最高の画像をスピーディに生成する」というシンプルな目標に基づいて設計されています。SMT、半導体、ラボに適した3つのモデルを展開し、それぞのエレクトロニクス市場に存在する固有の検査ニーズに応える検査装置です。

アプリケーション

  • SMTおよびPTHアセンブリ
  • PCB
  • IGBT

SMT検査での優位性

  • 高精度、高速、再現性に優れた検査を手動/自動で実行
  • 微細構造を高出力/高分解能で検査
  • 使いやすく柔軟な画像処理フィルター(eHDRなど)

ソフトウェア

  • eHDR-Inspect
  • 機能拡張されたユーザーフレンドリーなFGUI
  • マルチエリアボイド計算
  • 機能拡張されたBGA検査
  • 機能拡張されたADR(自動欠陥識別)

特長

Cheetah EVO Semiには、FeinFocus X線管テクノロジー、高出力ターゲットテクノロジー、精密なキャリブレーションと長寿命を特徴とするプラットパネルディテクター、クッションベアリング搭載マニプレーターなど、エクスロンのイノベーションが結集されています。非常に高い解像度の2D/3D画像を生成するために、幅広い試料テーブルが用意されています。

Cheetah EVO Semiの特長は優れた画質だけではありません。シンプルで使いやすいコントロール、YXLON FGUI(FeinFocusグラフィックユーザーインタフェース)ソフトウェア、さらに操作の自動化にも対応します。手動の検査プロセスをワンクリックで実行できるだけでなく、ティーチインモードで手順をプログラムすることにより、操作のスピードアップに加えて、検査結果の再現性と信頼性を高めることができます。

Cheetah EVO Semiでは、アップグレードオプションとしてマイクロCTモジュールが提供されています。このモジュールによって工業レベルの品質保証を実現でき、3Dの仮想断面像や層による詳細な検査も可能になります。操作性に優れたYXLON QuickScan®モジュールは、3D画像と仮想スライスを1分足らずで生成します。

Contact Us for Further Information

Kontroltest International d.o.o.NDTSamoborska cesta 11410090 ZagrebCroatiaMr. Himzo MusemićWebsitehimzo.musemic@trokuttest.com+385 1 7789848
YXLON International GmbHElectronicsEssener Bogen 1522419 HamburgGermanyMr. Fabian Eickefabian.eicke@hbg.yxlon.com+49 40 52729139