YXLON FF85 CT

あらゆる検査対象物に適用可能な工業用CTシステム
FF85 CTは、二種類のX線管を搭載する事が可能で、多種多様な物質やサイズの部品に非常に対して正確な検査を実現するように設計されています。 FF85 CTは、最先端のハードウェアと革新的なソフトウェアを組み合わせて、X線およびCT業界で最も多様なアプリケーションの検査に対応する事ができます
  • 2種類のX線管(ミニフォーカス、マイクロフォーカス) にフラットパネルを搭載
  •  7軸までの高精度操作による優れた多機能性
  • 花崗岩のマニピュレーターを採用することにより温度への安定性を実現
  • タッチスクリーン操作により、迅速な検査が可能
  • ヘリカルおよびデュアルヘリカルCTにより、水平・垂直方向への視野拡大

仕様

YXLON FF85 CTは、高出力、高分解能コンピュータ断層撮影システムで、次のような小型から中型部品の幅広い検査に対応しています。

  •  アルミニウム部品、スチール部品、スーパー合金部品
  •  AM(付加製造)部品
  • 繊維強化複合材料
  •  プラスチック成形部品
  •  歴史的美術品と考古学的対象物
  •  地質学的サンプル
  •   生物学的サンプル
  •  メカトロニクス製品

YXLON FF85 CTは、二種類のX線管(高出力ミニフォーカスチューブと高解像度マイクロフォーカスチューブ)とフラットパネル検出器の組み合わせる事ができます。これにより、最も幅広い範囲の対象物を検査することができます。 一回の検査で異なる種類の対象物を検査することも可能です。


 2つのタッチスクリーンによって、簡易な操作を実現。さらにインテリジェント機能はユーザーの操作をサポートします。例として、ディスプレイ上のアイコンをドラッグ&ドロップする事で、検査に際し各個人のパラメーターを設定する事ができます。

ヘリカル撮影(HeliExtend : ヘリカルCTスキャンおよび画像再構成)により、長い対象物でも高倍率での撮影が可能、さらに対象物の上から下まで一定の高品質で撮影する事ができます。ヘリカル撮影により取得した画像は、つなぎ合わせる必要が無く、撮影対象物の上から下まで高品質の撮影結果が得られます。

CT撮影の際、対象物の回転中心は、「仮想回転軸」(FlexCenter)の機能を利用して、簡易に設定可能です。これにより、簡易な検査を実現し、検査時間を短縮できます。万一、撮影したい領域が、撮影視野から外れていた場合も、対象物を動かす必要はありません


モニターは、さまざまなパラメーターに関する情報を表示します。検査結果は統合され、「交通信号」表現で表示されます。さらに遠隔監視ソフトウェアを通じて、お客様のオフィスから、システムの状態やCT(および再構成)の進行状況にアクセスすることができます。

Technical Data

Attribute Respective Value
CT Modes Cone beam CT, Helical CT, virtual axis, FoV extension, Volume Crop, QualityScan, QuickScan®
Focus-Detector-Distance (FDD) Y.FXE: 730 - 1675 [mm]
Y.TU: 1045 - 1995 [mm]
Manipulation 7 axes, granite based
Sample Diameter 715 [mm]
Sample Height 1100 [mm]
Maximum Sample Weight 100 [kg]
X-ray Tube Y.TU450 mini-focus
FeinFocus® 225 kV micro-focus

Contact Us for Further Information

Kontroltest International d.o.o.NDTSamoborska cesta 11410090 ZagrebCroatiaMr. Himzo MusemićWebsitehimzo.musemic@trokuttest.com+385 1 7789848
YXLON International GmbHElectronicsEssener Bogen 1522419 HamburgGermanyMr. Fabian Eickefabian.eicke@hbg.yxlon.com+49 40 52729139