YXLON MU2000-D

鋳造部品に適した工業用X線透視システム

YXLON MU2000-Dは、優れた堅牢性を備える工業用X透視およびCT検査システムであり、鋳造、研究開発機関、研究所や大学をはじめとする教育機関などでの幅広いアプリケーションに対応します。デジタルフラットパネルディテクターとHDR(High Dynamic Radioscopy)を搭載することで、鮮明な画像を生成します。
  • 優れた実績、堅牢性、信頼性を特長とするデジタルX線透視システム
  • 抜き取り検査と連続透視検査に最適な高コントラストの鮮明画像
  • ボタン1つでコンピュータ断層検査(CTスキャン)を高速実行(オプション)
  • 操作しやすいエルゴノミクス設計
  • ホイールとタイヤ向けのカスタマイズ構成
  • ASTM規格に準拠、自動車メーカーの個別要件に対応

システムの機能

MU2000-Dは、研究開発時のみならず鋳造部品を大量生産する際の検査にも大変適しています。その堅牢性が高く評価され、大手グローバル企業、中小規模企業、世界的な自動車メーカーなど、様々な規模の企業に採用されています。

MU2000-Dは、鋳造部品の欠陥検出をサポートします。

  • アルミキャスト(エンジンブロック、シリンダー、シリンダーヘッド、ピストン、ナックル)
  • 各種タービンブレード
  • ホイールとタイヤ
  • 繊維強化素材
  • セラミック
  • 3D印刷物


抜群の画像品質を実現しているのが、デジタルフラットパネルディテクターアレイとYXLON HDR-Inspectソフトウェアです。HDR(Highly Dynamic Radioscopy)テクノロジーは、並外れた高精細画像の生成を可能にします。材厚が変化する部分も鮮明に画像表示できるので、欠陥の深さを視覚的に確認する事ができます。

MU2000-Dでは直感的なユーザーインタフェースを採用し、専門知識のないオペレーターでも簡単に操作できるように設計されています。これは、CTオプションでも同様です。CT分析ステーションには、業界トップのボリュームグラフィックス社が提供するVGStudioが搭載されています。CTスキャンの3D再構成機能により、鋳造について更に詳細な欠陥情報を取得できます。MU2000にHDRとCTオプションを追加してアップグレードすれば、このような優れた機能を活用できます。

MU2000-Dは、将来のニーズにも的確に対応できるシステムです。MU2000-Dで生成されたデータは、機械学習、ビッグデータ、モノのインターネット、マシン間コミュニケーションをはじめとする先端分野で活用できます。また、安全にかかわる重要な部品の品質検査を目的に、ASTM規格などの業界標準や自動車メーカー各社の要件に準拠しています。

製品仕様

Standard 225 kV XL 225 kV
最大サンプル重量 60 kg(オプション:200 kg) 60 kg(オプション:200 kg)
システム寸法(W/D/H) 2250 x 1850 x 2750 mm 2700 x 2100 x 3350 mm
システム重量 最大6.5 t 最大10 t
サンプル寸法 600 x 900 mm 800 x 1500 mm
CT(3D)測定範囲(φ x h) 170 x 150 mm 180 x 160 mm
FDD(焦点と検出器の距離) 695~995 mm
 
945~1,245 mm
 
X線管 160~450 kV 160~450 kV
検出器のアクティブ領域 1024 x 1024 px 1024 x 1024 px

お問い合わせ

Trokut Test d.o.o.NDTAv. V. Holjevca 20ZagrebCroatiaMr. Himzo MusemićWebsitehimzo.musemic@trokuttest.com+385 1 7789848
YXLON International GmbHElectronicsEssener Bogen 1522419 HamburgGermanyMr. Fabian Eickefabian.eicke@hbg.yxlon.com+49 40 52729139