YXLON WI26 G

合金ホイールの新たなX線検査ベンチマーク

YXLON WI26 Gは、合金ホイールに適した最新のインラインX線透視装置です。新型デジタルラインセンサーを搭載することで、ホイール検査の高速化と抜群の画像品質を両立します。
  • 卓越した高品位画像で検査結果の信頼性を向上
  • 新型グリッパーマニプレーターで、最大重量のホイールを高速検査
  • 自動検査ソフトウェアにより、検査結果の客観性/信頼性を高め、誤識別率を低減
  • 回転式の搬入出ドアにより、スループットの向上、安定した連続稼働、メンテナンスコストの低減を実現
  • 自動キャリブレーションにより、プログラムの保守頻度を低減
  • プラントへの完全統合が可能な設計により、プロセスの効率と安定性を向上

機能

WI26 Gは、合金ホイールに適した最先端のインラインホイールX線透視装置です。ホイール検査の高速化と抜群の画像品質を両立するWI26 Gは、完全自動の装置です。AIソフトウェアを搭載することで、高精度の画像をもとに客観的な判定を行い、誤判定率を最小限まで低減します。
 
24時間365日の連続稼働が可能な高可用性を特徴とし、頻繁にメンテナンスを行う必要がないのでTCO(総所有コスト)を最小限に抑えることができます。
 
WI26 Gは、製品ミックス全体のサイクル時間を短縮します。
  • 7x17インチの5スポークホイールの検査を20秒未満で完了(年間ほぼ150万ホイール)
  • 8x19インチの7スポークホイールのサイクル時間はわずか22秒
 
新型のグリッパーマニピュレーターは、13~26インチ、幅430mm、重量50kgまでのホイールに対応します。また、最新型YXLONパネル460ディテクターは、16ビット分解能の高品位画像と300mm x 300mmの大きな有効領域を特徴とします。プロジェクションを最小限に抑えることで、検査にかかる時間を短縮します。
 
回転式の新型ロックシステムで、ホイールを迅速かつスムーズに搬入出します。これによりスループットが向上し、ホイールの摩耗を抑えることができます。
 
WI26 Gは、コンパクト設計ながら間口の広いサービスドアを実装しているので、ホイール製造プロセスに完全に統合することが可能です。
 
  • 鋳造ステーションからX線検査結果が送信され、フィードバックを新しいバッチに即時適用
  • 統計データサーバから送信されたデータに基づいて、製品の品質を継続的に向上
  • レビューステーションにより、検査プロセスを最大限に効率化

製品仕様

サンプル寸法(L/W/H) 4J x 13インチ ~ 14J x 26インチのホイール
最大サンプル重量 50 kg
システム寸法(W/D/H) 4,840 x 2,340 x 2,150 mm
X線管 160 kV / 1000 W
検出器のアクティブ領域 300 x 300 mm
ピクセルピッチ 200 µm
ビット深度 16ビット
サイクル時間 20秒(7J x 17インチホイールの場合)

お問い合わせ

Kontroltest International d.o.o.NDTSamoborska cesta 11410090 ZagrebCroatiaMr. Himzo MusemićWebsitehimzo.musemic@trokuttest.com+385 1 7789848
YXLON International GmbHElectronicsEssener Bogen 1522419 HamburgGermanyMr. Fabian Eickefabian.eicke@hbg.yxlon.com+49 40 52729139